タクシーの都合のいい常連さんと距離を置きたい常連さん

おヒマな夜に常連さんのお電話は

×青天の霹靂【せいてん‐の‐へきれき】
※こちらは誤り。「青天の霹靂」とは『突然に起こるびっくりするようなこと』を意味します。大人になっても間違えて使ってしまいそうですね!

じゃなくて

◎干天の慈雨【かんてん‐の‐じう】
※こちらが正解。「干天の慈雨」とは日照り続きのときに降る、恵みの雨。待ち望んでいた物事の実現、困っているときにさしのべられる救いの手にたとえられます。

です。



タクシー常連さん

いま迎えに来れるかな?
神様、仏様、お客様♪
お客様のお電話をお待ち申し上げておりました♪

(私の心の中の声、いろいろ…)
・ナイスタイミング♪
・わぁ、あの手間のかかるお客様だ…。
・こんな日にお電話は不要なのに…。
・何とか、首をくくらなくて済む。
・これで帰れる!
・今宵は爆発だわさ♪

かかってきた時間、自分の現在地とお客様の場所、只今の売上状況から

(私の心の中の声…)
・大歓迎のお客様♪
・招かれざるお客様…
・可もなく不可もなくのお客様

お客様を都合よく値踏みしてしまいます。

昔の私は、売上や時間効率を度外視して常連さんを大切にしてきました…。

金曜日や土曜日でも時間のかかるお客様のお供をさせて頂いたものです。

しかし給料がほぼ歩合制であり、金曜日や土曜日の夜に常連さんの都合に振り回されると売上や時間効率が総崩れになることを何度も経験してきました。

大阪のタクシーメーターには五千円超えた分は半額の『55割』があり、おヒマの日でしたらともかく、週末や繁忙期は時間のかかるお客様だけは受けてはいけない…。

心を鬼にして、身勝手に営業しないと売上が守れないのです!八方美人ではお給料が減るだけです。

ご都合主義で打算的ですが、お客様がお給料を保証してくれるわけではありませんし…。自分の営業スタイルに合ったお客様の取捨選択が迫られます。

距離を置きたい常連さん(当方がおヒマの日だけお電話下さい)

売上や時間効率が低下するお客様(招かれざるお客様)

  • 過去にゲロゲーロの実績があるお客様。
  • 到着時に寝込んで起きないことがあるお客様。
  • 値段交渉のお客様※値下げは違反になるので呼ばないで下さい。
  • 遠方のお迎えや出待ちに時間がかかってから、近距離のお客様。
  • 書き入れ時に30分後、1時間後の指定。せめて5分、10分後のお迎え時間で…。
  • 待ち合わせの時間に現れない。すっぽかしや音信不通になるルーズなお客様。
  • お迎えの時間を電話一本で変更してくるお客様。10分後にして、30分後に…。
  • お迎え場所が遠方であったり、下道で時間のかかる場所でお待ちのお客様。
  • 金曜日土曜日に橋本市。阪神高速三宅ルートで…。※往復2時間半で一万円…
  • 金曜日土曜日に木津川市。国道163ルートで…。※往復2時間以上で九千円…
  • 経由経由経由で京都市内。ほぼ下道ルートで…。※往復3時間以上で12千円…
  • 上記に加えて、回送移動と待機時間を
    加味すると常連さんにはメリットが少ないです…。

過去にこんな記事を書きました。

【関連記事】タクシーで売上(給料)を効率よく上げる方法

タクシーで売上(給料)を効率よく上げる方法

都合のいい常連さん(お電話お待ち申し上げております)

売上や時間効率が低下しないお客様

  • 電話に出なくてもお互い恨みっこなしのお客様。
  • 運転手を待たせないお客様。むしろ待って下さるお客様。
  • チップを下さるお客様。いつもありがとうございます。
  • こちらの時間効率を考えて下さるお客様。週末は電話しない等…。
  • 売上や時間効率が良いお客様。高速や新御堂筋で一気に。
  • こういうお客様は大歓迎です♪

(私の心の中の声…)心苦しいのが
・遠くを走っていますと嘘をつく。
・今日は休んでしますと嘘をつく。
・居留守を使って電話に出ない自分が嫌い。
※嘘も方便といいますが、嘘や偽りは辛いです…。
効率が悪いお客様だから行けないとは言えませんし…。


以上、今日はこんな感じでした。

【関連記事】矛盾する私

お金にガツガツする記事を書きながらも、冷めた感じでハンドルを握っていて…。でも売上を作らなければという葛藤が…。
いつからこうなってしまったのだろう