タクシー(運送業)の働き方改革は2024年4月1日からです

働き方改革が始まりました

ポンタ君

働き方改革?革命?
働き方改革だよ。働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。

うさぎ博士

ポンタ君

よく分からないけど、残業できなくなるんだよね。
そうでーす。時間外労働に罰則付きの上限規制が設けられ、有給休暇の取得が義務づけられることが主なポイントです。

(1)時間外労働の上限規制

時間外労働の上限は原則として月45時間・年間360時間としています。これには休日労働は含まれません。ただ、臨時に特別な事情がある場合には、年間6か月までは、さらなる時間外労働が認められます。

休日労働も含めて、月100時間未満、連続する2か月から6か月のいずれの期間の平均も80時間が上限です。また、年間では、休日労働を除いて、720時間が上限です。

大企業では4月から、中小企業では来年4月から適用されます。

(2)有給休暇の義務化

有給休暇は年5日の取得が義務づけられます。企業の規模に関係なくすべての事業所が4月から対象です。

新たなルールを見据え、業務の効率化を進めて残業を減らそうという動きも始まっています。

うさぎ博士

ポンタ君

タクシーはどうなるの?
この4月から大手企業が残業ができなくなり、来年の4月からは中小の企業でも実施されるよ。肝心のタクシー(運送業)は人手不足を理由に5年間先送りされました。

うさぎ博士

タクシー(運送業)の働き方改革を簡単にまとめますと

一般の施行から5年間の猶予期間が設けられ、2024年4月1日から開始
36協定による例外措置が月平均80時間の年間960時間(月240時間勤務)

隔日勤務の方は出勤日を1日減らすか、1日あたりの労働時間を減らすかで対応。

何でもありの日勤(昼勤・夜勤)組で労働時間上限まで働いている方には、月給換算で数万円から10万円ほど減額すると思われます。年収にすると数十万円から100万円超過の減給です。

月間300時間近い長時間労働者がゴロゴロいる体質が問題ですね。 時間内の労働で十分生活できるように、今から準備していかないといけません。